Avatar

Cyprien Rusu, CAE Master Jedi

  • 合計アクティビティ 21
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー中 0ユーザー
  • フォロワー 1ユーザー
  • 投票 2
  • 受信登録 11

アクティビティの概要

Latest activity by Cyprien Rusu, CAE Master Jedi
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    Pythonで結果処理する方法

    初めに、解析結果をMatlab形式で保存します。 Pythonで開くことができる*.mat形式のファイルが作成されます。 例1:Onscaleデータからapmx配列を抽出し、Pythonで曲線を表示する 例として、以下のmatlab形式のテスト結果ファイルを使います。 Download: pzt-simple-tuto-2d.mat apmx配列に含まれるデータをPythonで結果処理しま...

    • 編集済み
    • 1フォロワー
    • 0件のコメント
    • 0 件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    4KスクリーンのPCでOnScaleを使用する方法(3840*2160の高解像度)

    お使いのPCの画面が4Kスクリーンの場合、OnScaleを開くとウィンドウが圧縮されて変形し、一部のアイコンが次の図のように非常に小さく表示されることがあります。 4KスクリーンのPC上でOnScaleを使う場合は、以下を設定を行って下さい。 1- OnScale.exe実行ファイルがあるフォルダーを開きます。 デフォルトのインストール先:  C:\Program Files\OnSc...

    • 編集済み
    • 1フォロワー
    • 0件のコメント
    • 1件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    配列データをテキストファイル・CSVファイルへ出力する方法

    データ配列(Array data)は、以下のコードによりテキストまたはcsv形式に出力できます。 read d1 snapshot.flxdato data cddo d1/1/xdsp 'xdsp.csv' 注: 上記のコードは、x方向の変位に対応する配列データ「xdsp」がsnapshot.flxdatoファイルへ出力されていることを前提としています。 これにより、次のようなファイル...

    • 編集済み
    • 1フォロワー
    • 0件のコメント
    • 0 件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    時間履歴デーをテキスト形式でエクスポートする方法

    GRPHのWRITのコマンドにより、現在可視化しているX-YプロットのX・Yの値を列データとしてファイル出力することができます。 たとえば、次のレビュースクリプトを使用することで、時間履歴プロットを含む結果ファイル「model.flxhst」を開き、このファイルをテキスト形式に変換できます。     read f1 model.flxhst grph plot f1 1 writ o...

    • 編集済み
    • 1フォロワー
    • 0件のコメント
    • 0 件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    3次元SAWユニットセル解析

    このチュートリアルでは、スクリプトで記述されたサンプルモデルを使って、そのスクリプトの各部分の意味について説明します。 このチュートリアルの主な内容です。 Symbolスクリプト言語に関する基本的事項 スクリプトで書かれたモデル形状を確認する方法 スクリプトの各部分の説明 X-Y-ZおよびI-J-K座標の仕組み メッシュサイズを含む変数を変更する方法 モデルのメッシュラインを表示する方法...

    • 編集済み
    • 0フォロワー
    • 0件のコメント
    • 0 件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    軸受の構造解析(静解析、応力解析)

    このチュートリアルでは軸受の静解析を行います。軸からの荷重に対して、軸受にかかる応力や変位を解析します。予め作成されたCADデータをOnScale Desingerに読み込み、Designerで解析設定を行います。 このチュートリアルの主な内容です。 OnScale Designerの基本的な作業フロー 3Dデータを読み込む方法 材料物性の指定方法 荷重や境界条件の設定 構造解析(静解析...

    • 編集済み
    • 0フォロワー
    • 0件のコメント
    • 0 件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    水中のPZTディスク解析

    このチュートリアルでは水中にあるPZTディスクに対して解析を行います。OnScale Desingerのプリミティブ形状作成機能を用いて2次元モデルを作成します。解析は2次元軸対称として行います。 このチュートリアルの主な内容です。 OnScale Designerの基本的な作業フロー プリミティブ形状の作成方法 2次元軸対称モデルの設定方法 圧電材料の解析設定の方法 結果 対応バージ...

    • 編集済み
    • 0フォロワー
    • 0件のコメント
    • 1件の投票
  • Cyprien Rusu, CAE Master Jediさんが記事を作成しました:

    OnScaleの各モード(Designer, Analyst, Post Process)の作業について

    OnScaleを起動すると、3つのモード(Designer, Analyst, Post Process)から選択します。 それぞれのモードについて紹介します。これからのモードについては、以下の動画でも紹介しております。 Designerモード:GUIによる前処理(モデル作成・条件設定など)のためのモードです。 Analystモード:スクリプトを用いた前処理のためのモードです。 Post ...

    • 編集済み
    • 1フォロワー
    • 0件のコメント
    • 1件の投票