OnScaleのインターフェース

フォローする

OnScaleは、解析モデルの作成から結果処理までの一連の機能を備えています。

splash_modes.PNG

OnScaleは3つの作業モードを備えています。

  • Designer モード - GUI上で解析モデルを作成するためのモードです。シミュレーションの開始点として、GUI上で作成できるプリミティブ形状やCAD形状を使用します。 
  • Analyst モード -スクリプト言語を使用して解析モデルを作成するためのモードです。Designerモードよりもより高度な設定が可能です。
  • Post Process - OnScaleの解析結果を分析・可視化するためのモードです。

3つのモードの詳細については、こちらのビデオをご覧ください。

クラウド機能

cloud_icon1.png 

  • Run on Cloud 
    • AnalystモードまたはDesignerモード(.jfpファイル)で作成した入力ファイル(.fleinpファイル)をクラウドで解析実行するためCloud Schedulerに送信します。

runoncloud.png

  • Job Status
    • 現在の解析計算の進行状況は、Job Statusで確認できます。
    • ユーザーは以前に実行した計算の履歴と日付を確認できます。

jobstatus.PNG

  • Storage
    • 解析したファイル一式はクラウド上で保存されています。Storageを開きます。
    • ローカルマシンに結果ファイルをダウンロードして、結果処理を行います。

  • Examples
    • 様々なサンプルを揃えております。サンプルを使って、OnScaleの機能を確認できます。
    • サンプルをダウンロードして使います。ダウンロード後、変更も可能です。
    • すべてのサンプルに、作業内容を紹介したヘルプページがあります。

example_button.png 

  • Preview Model
    • 解析計算を仮実行して、解析モデルをチェックをする機能です。これにより、解析計算を開始して問題がないことを確認します。

preview1.png

 

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。