DesignerモードとAnalystモードの違いについて

フォローする

DesignerまたはAnalystの両モードで解析モデルを作成することができます。この2つのモードの違いについて紹介します。

Designerモード

Designerモードは、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を使用してCADファイルから解析モデルを作成します。新規ユーザーにとってOnScaleを始めるのに分かりやすく、Analystモードを使ってより高度な使い方をするための橋渡しになります。 

メリット:

  • 操作が簡単です
  • 1条件での解析モデルを素早くセットアップできます
  • 複雑形状でも簡単に作成できます

Analystモード

Analystモードは、コードを使って解析モデルを生成することが可能です。またDesignerモードよりも、より高度な設定が可能です。入力パラメーターやモデルをコードで設定できるため、ユーザーによる細かい設定と設定の柔軟性を得ることができます。

メリット

  • 解析の細かいコントロールが可能です
  • Designerでは設定できない高度の機能を使うことが可能です
  • バッチ処理により、複数ケースを解析することができます。

ワークフロー

どちらの操作モードでも、設定の順序に関して多少の違いがありますが、ワークフローの概要は同じままです。各モードのワークフローの概要を以下に示します。

Designerモード

プロジェクトのデータ (モデルの入力、及び物性値)

プロジェクトデータには、モデルの作成、駆動、メッシングなどの入力が含まれています。

 モデルの主な構成要素

  • 周波数設定
  • 物性値
  • 時間の関数(荷重に関する)

形状、及びメッシング

CAD形状に対して材料物性を割り当て、キーポイントにより作成されるメッシュを調整します。

モデルの主な構成要素 

  • CAD形状の材料物性の割り当て
  • キーポイントの作成
  • メッシュの細分化

荷重、及び境界条件

荷重や境界条件をコントロールします。

モデルの主な構成要素

  • 荷重を設定する場所をCAD形状から取り込む
  • 荷重の種類(機械的、電気的)
  • 境界条件の設定

結果出力

解析計算の結果出力の設定します

モデルの主な構成要素

  • 出力タイプ
  • データ配列のタイプ

実行時間、及び結果処理

モデルの実行をカスタマイズします

モデルの主な構成要素

  • プロット設定
  • CPUの設定
  • メモリ割り当て
  • ゾーニング
  • シミュレーション実行時間

Analystモード

モデルの入力、及びメッシング

プロジェクト変数がモデル全体で使用されるように設定されているます。変数は、コマンド引数として使用されることから、メッシュ設定からキーポイントまでさまざまです。

モデルの主な構成要素

  • 変数とパラメーター化
  • メッシュ設定
  • キーポイントとメッシュ設定

物性値、及び形状

使用する物性を定義し、それらをメッシュの一部に割り当てて目的の解析形状を作成します。

モデルの主な構成要素

  • 材料物性
  • メッシュへの材料物性の割り当て

荷重、及び境界条件

荷重や境界条件をコントロールします。

モデルの主な構成要素

  • モデルの境界
  • 時間の関数(荷重に関する)
  • 荷重の種類(機械的か、電気的か)

結果出力

解析計算の結果出力の設定します

モデルの主な構成要素

  • プロパティの計算
  • 出力タイプ

計算実行

モデルの実行をカスタマイズし、コードを生成して計算します。

モデルの主な構成要素

  • セットアップの実行
  • 計算実行
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。