IMPD(インピーダンス)対ABSR(吸収)境界条件

フォローする

OnScaleの吸収ABSR境界は、弾性材料と音響材料、線形波と非線形波、および同じ境界条件の複数の材料の境界でエネルギーを吸収する条件です。また、ブロードバンド信号に対しても機能し、入射角を変化させます。

IMPDインピーダンス境界条件は、指定された境界上の特定の材料の無限荷重の質量と剛性の値を適用します。合理的な周波数範囲(300%の分数帯域幅)にわたって平面波の吸収体のように働きます。特定の条件下ではABSRよりも性能は低下しますが、一般的にはより安定します。

どちらも流体と固体に使用できます。弾性媒体の一部の波形は、主に通常の入射波での動作に制限があるため、IMPDでは適切に吸収されません。

 

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。