Designerのインピーダンス、及び周期境界

フォローする

Designerでは、周期およびインピーダンス境界条件が使用できます。これらの境界は、プルダウンメニューから選択できます。

 

 

ただし、周期境界を使用する場合は、反対の境界条件をfreeに設定する必要があます。たとえば、XMINに周期境界が設定されている場合、  XMAXの境界条件はfreeにする必要があります。freeにしない場合は計算実行前に警告が表示されます。ただし、両側が周期境界に設定されている場合、後者は無視され、期待通りに計算が開始します。

IMPDインピーダンス境界条件は、指定された境界上の特定の材料の無限荷重の質量と剛性の値を適用します。合理的な周波数範囲(300%の分数帯域幅)にわたって平面波の吸収体のように働きます。特定の条件下ではABSRよりも性能は低下しますが、一般的にはより安定します。

どちらの境界、流体と固体に適用可能です。弾性体中のある波形は、法線方向の入射波での動作に制限があるため、IMPD条件では適切に吸収されません。

 

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。