独自の境界条件を適用する方法

フォローする

OnScaleには、様々な状況をカバーため、境界条件のデフォルトオプションを多数揃えております。ただし、独自の境界条件をモデルが必要な場合があります。たとえば、測定した速度関数をモデルに適用したり、パルスエコーモデルの受信部分を適用したりする場合などです。

 

data
       hist myboundata * myfilename.dat   /* reads in user file func 
       hist myboundata       /* assigns hist to func for later use boun
       side xmin vel func   /* velocity condition applied via func

あるいは、吸収体として機能する独自の条件を適用することもできます(モデルに、境界条件に向かってエネルギーを反射する部材がある場合に便利です)。

ffld
      file myfilename.flxffl   /* this file must have been created in OnScale prior to application here
boun
        side ymax absr
        side xmin ffld
        side xmax absr
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。