Pythonで結果処理する方法

フォローする

初めに、解析結果をMatlab形式で保存します。

Picture1.png

Pythonで開くことができる*.mat形式のファイルが作成されます。

例1:Onscaleデータからapmx配列を抽出し、Pythonで曲線を表示する

例として、以下のmatlab形式のテスト結果ファイルを使います。

Download: pzt-simple-tuto-2d.mat

apmx配列に含まれるデータをPythonで結果処理します(最大音圧)。OnScale Post-processで表示すると以下のようなapmx配列です。

 

apmx_data.png

次のPythonスクリプトで開いて結果処理します。

#!/usr/bin/python
import numpy as np
import matplotlib as ml
import matplotlib.pyplot as plt

from scipy.io import loadmat
x = loadmat('pzt-simple-tuto-2d.mat')

#Check the keys of the x array
print(x.keys())

#Extract the x and y coordinates
xcrd = x['d1_0006160_xcrd']
ycrd = x['d1_0006160_ycrd']


#Find the i value corresponding to a certain xval and save it to ival
xval = 150e-05

sampling = round(float(xcrd[2]-xcrd[1]),8)

for i in range(len(xcrd)):
    if(xval > xcrd[i]-sampling and xval < xcrd[i]+sampling):
        ival = i
print(ival)

#Plot the aprs in function of ival
plt.plot(x['d1_0006160_apmx'][ival])
plt.savefig('d1_0006160_apmx.png')

このPythonスクリプトで結果処理し、位置x = 150e-05で曲線を抽出します。これは結果の曲線です。

 

d1_0006160_apmx.png

注:このチュートリアルに従うには、numpy、matplotlib、およびscipyモジュールだけでなくPythonもインストールする必要があります。

Pythonスクリプトをダウンロードする

Download: extract_value.py

 

注: matplotlibを使用してプロットする方法の詳細が必要な場合は、このページをご確認ください。

例2:3Dインタラクティブプロットの表示

以下のようなインタラクティブな3次元プロットを表示させることもできます。

Figure_1.png

Pythonコードを以下に示します。

#!/usr/bin/env python
"""
    Demonstration of 3D post processing.
"""
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
from mpl_toolkits import mplot3d
from scipy.io import loadmat

plt.style.use('seaborn-darkgrid')

# Load Data
data = loadmat('pzt-simple-tuto-2d.mat')

# Extract (X, Y) coordinates. Cut off the final coord so shapes match.
X = data['d1_0006160_xcrd'].flatten()[:-1]
Y = data['d1_0006160_ycrd'].flatten()[:-1]


# The target X value we are looking for
x_val = 150e-05

# Find the index of this X value
dx = X[1] - X[0]
x_index = np.argmax((x_val > X - dx) & (x_val < X + dx))

# Create 3D coordinate grid
xx, yy = np.meshgrid(X, Y)

# Initialize figure
fig = plt.figure(figsize=(12, 8))
ax = plt.axes(projection='3d')

# Plot the apmx surface with some nice colors
zz = data['d1_0006160_apmx'].T
ax.plot_surface(xx, yy, zz, alpha=.9, rstride=1, cstride=1, cmap='viridis')

# Plot the 2D curve of our X value's cross-section slice
x = np.repeat(X[x_index], len(Y))
y = Y
z = zz[:, x_index]
ax.plot(x, y, z, color='k', ls='--', zorder=10)

# Label and display
ax.set_title("X[{:d}] = {:e}".format(x_index, X[x_index]))
ax.set_xlabel('X')
ax.set_ylabel('Y')
ax.set_zlabel('Z')
plt.show()

Pythonスクリプトをダウンロード先

Download: print_3D_graph.py

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。